メニュー

About CIMF 2022 調布国際音楽祭2022

“BACH” TO THE FUTURE
~未来へつなぐ音楽祭~

日時:2022年6/18(土)~6/26(日)
【チケット発売日】会員先行:4/8(金)一般:4/15(金)
会場:調布市グリーンホール大ホール・小ホール、調布市せんがわ劇場、深大寺 ほか

新緑の季節に開催されるクラシック音楽の祭典として2013年にはじまった調布国際音楽祭は、今年で10回目を迎えます。たくさんのご支援のもと、記念すべき時を迎えることができましたことに、心より感謝申し上げます。
今回のテーマは「“BACH” TO THE FUTURE~未来へつなぐ音楽祭~」。2020年に出演が予定され期待を集めていたNHK交響楽団が2年越しに初登場するほか、豪華フェスティバル・オーケストラや国際的な実力派、新進気鋭の若手演奏家による、バッハを核とした多様なラインナップをお届けします。今後も、まちと人とのつながりを大切に、より上質で親しみやすい音楽祭をめざし、さらなる音楽の高みへの挑戦を続けます。
みなさま、音楽のまち調布でご来場お待ちしています!
調布国際音楽祭 エグゼクティブ・プロデューサー鈴木優人

N響×鈴木優人

NHK交響楽団が30年ぶりに調布のホールに登場します。有観客の全公演が中止となった一昨年にも予定され、期待を集めていたN響公演。いよいよその夢が実現へ。モーツァルトの交響曲の最終到達点「ジュピター」、そして指揮者・鈴木優人本人の編曲によるバッハのパッサカリア。郷古廉をソリストに迎えてはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲と、オールタイム・ベスト級の名曲プログラムです。

日時:6/26(日)14:00~16:00
出演:鈴木優人(指揮)、郷古廉(ヴァイオリン)、NHK 交響楽団
会場:グリーンホール 大ホール

CIMFスポンサーシート

グリーンホール大ホール(7公演)、深大寺で開催するコンサートのチケットと音楽祭グッズがセットになったスペシャルプランです。チケット発売前に、お好きな公演のSS席を1口あたり6枚(1公演2枚まで)お選びいただけます。
※対象公演は、2/11発表
申込数:10 口限定(申込先着順)
費用:100,000円(1口)
申込期間:3/8(火)~15(火)
※申込フォームは、3/8~公開

フェスティバル・オーケストラ出演者募集 今年は特待生制度あり!

2016 年に発足し、一般から広く募集した若手演奏家で構成する調布国際音楽祭公式のオーケストラです。指揮は鈴木雅明、そして各パートを指導し、トップを務めるのは、一流の音楽家たち。団員と共に過ごす熱く濃密な時間は、毎年フェスオケでしか味わえないひとときです。
日時:6/25(土) 18:30~20:30 (ゲネプロ15:30~)
【リハーサル期間】6/21(火) ~24(金)17:30~21:15(予定)
会場:グリーンホール 大ホール ほか
対象:音楽大学生程度以上の実力を有する、概ね35歳以下のクラシック音楽奏者
費用:20,000円
【申込期間】2/11(金・祝)~4/10(日)
詳細はこちら

ミュージックサロン・ウェルカムコンサート出演者募集

毎年好評の音楽祭を彩る市民音楽家と桐朋学園大学学生による無料コンサートです。
● ミュージックサロン
会場:グリーンホール 小ホール
● ウェルカムコンサート
会場:調布駅前広場(予定)

<共通>
日程:6/25(土)・6/26(日)
対象:音楽大学生程度以上の実力を有する、クラシック音楽奏者
定員:12組(予定)
【申込期間】4/15(金)~5/8(日) 詳細はこちら

特定寄附金募集

当財団への寄附は、税制上の優遇措置の対象です。
寄附金は、「調布国際音楽祭2022」の次世代育成プログラムや子どもたちの鑑賞のために使用します。
詳細はこちら

協賛金募集

開催趣旨に賛同のうえ、ご支援いただける企業、団体を募集します。ご協賛いただいたお礼として、特典をご用意しています。協賛金は、運営費全般に充当します。
詳細はこちら

ボランティア「チームCIMF」募集

音楽祭をともに支えるボランティアスタッフ(財団文化ボランティア【ちょうふアートサポーターズ】)を募集します。
※募集要項は、3月上旬に発表します

この他のラインナップ、料金、曲目、プレイガイドは2/11(金・祝)に発表します。

About Chofu International Music Festival 調布国際音楽祭とは

「調布国際音楽祭」 "Chofu International Music Festival"は、調布のまちを舞台に毎年初夏に行われているクラシックを中心とした音楽のお祭りです。2013年に「調布音楽祭」の名でスタートして以来、音楽家・鈴木優人を中心に、手作りの感覚とクオリティを両立させたラインナップで親しまれ、年々注目度も増しています。
記念すべき10回目を迎えた今年のテーマは、「“BACH”TO THE FUTURE~未来へつなぐ音楽祭~」です。

Animals in the forest of Chofu 調布の森のどうぶつたち

当サイトのあちこちに遊びに来ている動物たちを見かけましたか? 彼らは調布国際音楽祭を象徴するキャラクター。みんな音楽が大好きで、調布の森から出かけてきました。木版画家・沙羅によるやわらかなタッチの絵は音楽祭ファンの間では既におなじみ。関連グッズもたくさん出ています!音楽祭会場でご購入いただけます♪

History これまでの調布国際音楽祭

Media メディア掲載