お知らせ

愛される音楽祭へ

今年も調布の街が再び音楽の喜びに包まれます。

調布国際音楽祭は、今年で6年目を迎えることとなりました。当初より、調布に 世界中から人が集まると同時に、この街から世界に音楽が発信されていったことを 意識して、昨年より「調布国際音楽祭」へと名称が改められ、ますます開かれた音楽祭として成長を遂げています。

今年もまた色彩豊かなプログラムを予定しております。若い音楽家と創り上げる エネルギーと刺激に満ちたフェスティバル・オーケストラは、設立3回目にして音楽祭の柱の一つになりました。フィナーレにおいては初めてオペラが登場、滅多に上演され ないモーツァルトの《劇場支配人》などを上演します。他にも、「マチネの終わりに」を題材にした初の小説とのコラボレーションや、 ヴェルサイユの栄枯盛衰を音楽で追いかけるアンサンブル・ジェネシスの公演など、私自身もワクワクする企画 が満載です。そして、子どものためのコンサートにもこの音楽祭は手を抜きません。オリジナリティに溢れた調布国際音楽祭のラインナップにきっとご満足いただけることと思います。

笑顔が溢れる初夏の音楽祭をお楽しみいただければ幸いです。

調布国際音楽祭 エグゼクティブ・プロデューサー
鈴木 優人

調布国際音楽祭2018を一緒に盛り上げよう!

期   間  2018年6月24日(日)~7月1日(日)

会   場  調布市グリーンホール、 調布市文化会館たづくり、 深大寺 ほか

主   催  公益財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団、 調布市

協   力  桐朋学園大学

協力・協賛  コミュニケーションデザイン研究所(CDL)

後   援  調布市教育委員会、 調布市国際交流協会、 京王電鉄株式会社

制作協力   公益財団法人 ジェスク音楽文化振興会

マネジメント 有限会社 バッハ・コレギウム・ジャパン

beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取組です。調布国際音楽祭2018はこの取組を応援しています。