深大寺はおよそ1300年の歴史を持つ由緒正しき寺院です。2017年に国宝に指定された白鳳仏、釈迦如来倚像を所蔵することでも知られ、調布市歌の歌詞にもうたわれています。

深大寺の一帯はもともと水神信仰の霊地であったとも言われ、湧き水の地として知られてきました。清らかな水を利用してワサビ田なども作られていたほどで、いつしか蕎麦打ちで有名になり、現在も境内には蕎麦屋が建ち並び、「深大寺そば」の名で親しまれています。


6月14日(水)16:00〜
フランチェスコ・コルティ チェンバロ・リサイタル

調布音楽祭2016での様子

深大寺本堂

チェンバロ設置

リハーサル


深大寺へのアクセス