CIMF EMBLEM

「調布国際音楽祭」シンボルのデザインについて

音楽祭のエグゼクティブ・プロデューサーである音楽家の鈴木優人さんから、「調布国際音楽祭」へと名称が変わるこの機にシンボルマークを新しくしたいという相談を受け、公共の文化活動のシンボルのデザインという社会的責任が伴う仕事に向き合い、文化活動をサポートするデザインはいかにあるべきかについて考え、実践する機会をいただきました。

デザインを模索する中、「音楽を媒介として人が集うところに和が生まれる」というイメージと言葉が繰り返し脳裏に浮かびました。このイメージが造形の根拠となりました。

シンボルマークは、中心に配置した円と三つの有機的な波形の曲線で構成しています。閉じた線形状を回転させて動きを取り入れたシンボルマークの造形の特徴は、「和」、「有機性」、「関係性」、「浮遊感」という四つの言葉で表すことができます。

和文ロゴタイプは、レタリングの手法を用いてオリジナルの角丸の書体を作りました。優しくて親しみやすい文字を目指した結果です。

英文ロゴタイプは、オプティマ(Optima)というサンセリフ体の欧文書体を使用しています。

音楽祭のシンボルとしてイメージの拡張に柔軟に対応できるように、若葉色の角丸矩形を構成要素に加えました。この矩形にも和文ロゴと同じく「角丸」というキャラクターを取り入れています。

「シンボルマーク」、「和文ロゴ」、「英文ロゴ」、「若葉色の角丸矩形」、これらシンボルの構成要素を組み合せた形態を「エンブレム」と定義しています。

私のデザインへの信頼に対して感謝の気持ちを込めて、「調布国際音楽祭」シンボルマーク、ロゴタイプ、エンブレム、これら音楽祭のためのデザインを調布市に寄贈いたします。

平野敬子

デザイナー / ビジョナー

コミュニケーションデザイン研究所所長