「バッハの演奏」「アートとの連携」「次世代への継承」というテーマを核として、バッハ・コレギウム・ジャパンによるヘンデルの超大作《水上の音楽》、モーツァルトの生誕 260 年を記念した1783 年ウィーン ・ブルク劇場公演の再演、バッハの音楽にインスパイアされたジャズなどなど、意欲的なプログラムをご用意しています。初めて組織される “フェスティバル・オーケストラ” の船出もお見逃しなく!

拡大したキッズプログラムや無料公演の充実ぶりも要注目です。